国内損保と外資系損保はどっちを選ぶのがいいのか?

国内損保と外資系損保はどっちを選ぶのがいいのか?

自動車に乗るであれば任意保険に加入しておいた方が万が一の時にも良いです。
しかし、保険会社は乱立しており、事故に遭った時などの対応、サービス、支払いなどが良い保険会社を選びたいもの。

 

ですが、いくら良い条件の保険会社でいざ事故に遭ってみないと対応等はわからないもの。現在はネットがあるので保険会社の商品についての口コミ、対応、サービス、支払い状況などもある程度わかるようになりました。

 

そして保険の一括見積りサービスなども存在しており自分に合ったスタイルの保険を探すことも容易となってきました。

 

自動車保険の窓口というのは現在で2種類があるとされています。まずは損保会社。そして全労済、JAなどが運営している共済組合といったものがあります。

 

損保会社はさらに細分化させることができて国内損保、生保系の損保、外資系損保といった具合に分けることができます。

長く使える自動車保険を選ぶコツ

基本的に自動車保険は国が定めた自賠責保険もあり任意保険に関しては複数の申し込みはしないと思います。どれか1社だけで十分です。

 

しかしこの1社を選ぶことが難しい。

 

長く使えてお得な保険を選ぶ決めては条件もそうですが、保険会社の経営状態、財務状態、サービス拠点数などを比較することも大切です。

 

長く保険をかけていたのに保険会社が潰れてしまっては意味がありません。

 

昔と比べて自動車保険も対面営業からネットで申し込みができる保険もかなり増えてきました。まず損保会社の良し悪しを決めるには会社の状況を把握して先まで見越して良い会社に保険をかけるのが一番無難だと思います。