査定前の洗車、清掃

査定前には洗車、清掃を心がける

車を売却するなら少しでも高く売りたいのは誰もが同じ意見を持っていると思います。そこで手軽にできるのが車の洗車、清掃です。

 

ただしこの洗車、清掃をしても車の査定に直接の影響はないです。

 

買取店の査定ポイントに実は内外装のキレイさといった査定箇所は存在しません。目立つようなキズ、汚れに関しては査定の評価対象になりますが、洗車、清掃でキレイになるような汚れに対してはマイナスもプラスもないことだけは覚えておきましょう。

 

ではなぜ、査定前に洗車、清掃をしておいた方が良いのか?
それは査定士の方に対しての印象アピールだと思ってください。査定士も人間ですし、車を見るプロでもあります。同時に今までどうような扱いを受けてきた車なのかも見てきます。

 

意外と車の内外装を見ると乗り手の車の扱いってわかるものです。当然乱暴な扱いを受けていた状態がわかれば査定にも影響を与えてきます。買取店も買い取った車を販売するので少しでも状態が良い方が高査定をつけてくれます。

 

車がキレイだと修理、整備もしっかりと行われいた印象を与えることができます。さらに整備手帳に記載がしっかりあれば完璧です。

 

しかも車をキレイにしておくと直接の査定影響はありませんが、聞いた話しでは洗車してない車と洗車してキレイな車とでは数万円も査定額に違いがでたケースもあるようです。

 

こういった嬉しいトラブルもあったりするので、できるだけ査定前には内装、外装ともにしっかりとキレイにしておくと良いです。