キズ、へこみは査定前に直した方がいいのか!?

キズ、へこみは査定前に直した方がいいのか!?

多くの方が査定前に気にすることが車のキズ、汚れ、へこみ等です。
確かに見た目が悪いと査定評価に影響を与えてきそうな感じにはなりますよね。まずはキズ、へこみ等について解説していきたいと思います。

 

キズ、へこみについては小さいキズ。特に車を走らせていて飛んでくるような小石によるキズ程度であれば修理する必要はありません。

 

査定ポイントでは1センチ以内のキズであれば査定対象にはならないようになっています。汚れに関してもそうですね。こちらでも書いたように洗車して落ちる汚れであれば査定のマイナス対象にはなりません。

 

逆に見た目にもすぐにわかるようなキズ、へこみ、汚れは直した方が評価が高くなるのは間違いないですが、修理費用よりも買取価格がプラスにならないようでは意味がありません。

 

まずは売却前のキズがある状態で査定をしてもらってから、直すと買取価格がどのくらいUPするのか聞いてから修理するか否かを判断するようにしましょう。

 

費用対効果が悪いようであれば修理をせずに、そのままの状態で売却をした方が結果的には高く売れることになります。

 

あとこれは査定時のマナーになりますが、修復歴がある車両に対しては伝えておくことが大切です。

 

修復歴車とはボディの強度に関係する部分を修理した車両のことを指します。小さいキズなどは修理をしても修復歴車にはならないので安心してください。

 

修復歴を隠して後からバレると契約の取り消し、買取価格の減額などトラブルの元になりますので注意をしておきましょう。

 

現在の修理技術では修復したかどうかもプロの目で見てもわからないケースが多いようです。ですが、車を持ち帰りしっかりと見るとわかるケースがあるようなので隠すのはやめておいた方が無難です。