純正パーツをとっておいて査定評価を高める

純正パーツをとっておいて査定評価を高める

車を購入する時には装備を純正にするか、社外にするか迷うところでもあります。
社外のが安くて好きなブランドがある。といった方も多いのではないでしょうか。そのため標準装備でついてるパーツを取り外して社外パーツに変える人も多いと思いますが、純正パーツは売ったりしないで取っておいた方が査定時に評価を上げられる可能性があります。

 

下取りでは社外パーツ、装備などは評価の対象になりませんが、買取店では社外パーツもしっかりと評価の対象になります。ですが、評価を下げてしまうような社外パーツもあります。

 

また純正装備が人気の車種もあります。
したがって純正部品は取っておいて査定時に伝えておく方が査定評価も高まってくるのです。

 

もし社外パーツが評価を下げているのであれば純正に取り替えて、社外パーツだけ別で売ることも可能です。

 

査定の時にはどちらのパーツをつけておいた方が高査定になるのかを確認するようにしましょう。

 

あとは下取りに出す場合も純正でない評価されないので純正パーツを持っておいて損をすることはないでしょう。

 

下取りでは基本的に社外パーツは評価の対象外になりマイナス評価になる可能性もあります。下取りに出す場合は社外から純正に変えて下取り査定をしてもらった方が良いです。

 

社外パーツは純正とは違った楽しみ方があったり、デザインも恰好良いものが多いです。
ですが、売却時のことも考えて純正を外しても大切に保管しておくことが大切。これは覚えておきましょう。