車の色によって査定評価も変わってくる

車の色によって査定評価も変わってくる

実は車のカラーリングによっても査定評価というのは変わってきます。
需要のあるカラーであると当然ですが、高価買取の対象になります。現在の車はもう色を変えることはできないので査定評価を変えることはできませんが、覚えておくと車選びの参考にもなるので知識として身につけておいて損はありません。

 

高査定に繋がるカラーの基本となるのは「白」「黒」です。
これらの色は年代関係なく幅広い世代に人気のカラーとなり、派手な色、地味な色よりも安定した査定評価をもらうことができます。

 

ただしカラーについては車種の需要のある層によって人気色が変わってくる傾向があるので注意が必要。

 

高級車などは年齢の高い層が購入するので地味カラーになりがち。
その高級車を欲しい若いユーザーは新車では買うのが難しいので中古車で探すことになるのですが、若いユーザーが求めるカラーといえば当然、白、黒、派手な色といった形になります。

 

ですから新しい車を買う場合にはこの車を欲しがる層を意識してカラーリングを選ぶが売却時に高査定にもなるポイント。

 

でも意外と先を見据えて車の色を選ぶのって難しいですし、自分の好きな色の車に乗りたいっていうのは当然ありますよね。そういった方は自分の好きな色を選んで乗れば良いです。なにも悪いことではありません。

 

あくまで売却時における高査定を狙った車の買い方、色の選び方になります。

 

他にもCM、カタログ等で頻繁に登場するカラーは人気色になりやすく、売却時にも高査定の期待がもてる色になるのでカタログから色選びをするのも良い方法です。